YNU横浜国立大学 都市科学部 都市基盤学科

在校生の声

 トップ > 在校生の声

messagef from students

都市基盤学科で学んでいる在校生の声を紹介します。つい数年前までは受験生だった先輩からのメッセージは、みなさんが進路を考える上できっと参考になると思います。

幅広い、奥深い、面白いそしてスケールが大きい都市基盤学科の魅力は無限大

1年生の声やりがい
2年生の声ちがい
3年生の声可能性
4年生の声キャリア
1年生の声やりがい
2年生の声ちがい
3年生の声可能性
4年生の声キャリア

1st Grade

1st Grade

1年女子
1年女子

取り扱うものが大きさ的にもコスト的にも大きいので、勉強していてやりがいを感じます。また、多くの人に喜んで貰えるものを作りたいという夢が持てます。早くその夢を叶えたいと思います。とてもアットホームな雰囲気の中で、私たちが「土木」という学問にすぐ慣れるよう、見学に連れて行ってもらったり、話を聞かせてくださる教授のもと、毎日楽しく大学生活を送っています。

ぜひオープンキャンパスに訪れて直に確かめてください。建築と比べると地味そうですが、私はオープンキャンパスに行って心が傾きました。大きい、多くの人が利用するものをつくりたくてこの学科にしました。ここでは、コンクリート構造から都市計画まで幅広い分野をやっています。“土木”というとあまりイメージが良くありませんが、実際はハードなものだけでなくソフトな部分もあり、とてもおもしろい学問だと思います。

「取り扱うものの大きさにやりがいを感じる。」
コンクリート コンクリート コンクリート コンクリート コンクリートの橋
コンクリート コンクリート コンクリート
1年男子
1年男子

対象物が道路や橋など規模が大きく、また自然環境やそこにすむ人など様々な要素を考慮に入れる必要があるため大変ですが、やりがいを感じています。 先生方は土木工学とはどういう分野で活躍・貢献ができるかをわかりやすく説明し、土木の魅力を教えてくださります。土木に関してあまり興味のなかった人にも、興味を持たせるような教え方をしてくれます。 入学してまだわずか2ヶ月ですが、土木工学という分野は受験生がイメージしているものよりもっと幅広くて興味深いものであるということが言えますし、この学科は自信を持ってお勧めできるものだと思います。なんと言っても大学は授業が面白いです。そして、自分の興味のあるものについ専門的なことが学べることがやはり一番嬉しい点です。

工事中の高速道路の見学のように普通なら決してできない経験ができるなど、とても魅力的な授業も多数あります。

入学して2ヶ月が経ち,思ったことは大学というのはとにかく自由であるということです。しかし、その裏には責任というものがついてきます。また、授業においても想像以上に先生は何もしてくれません。だから、自分で聞きにいくしかないのです。以上のことからができる人は大学生活も楽しくなると思います。この学科は先生との距離もなく、非常に学びやすいところだと思います。建築第一志望の自分が 「きてよかった」 と思うのだから、間違いありません。

「工事中の高速道路の見学のように、普通なら
決してできない経験ができるなど、
とても魅力的な授業も多数あります。」
コーン 工事中看板 ヘルメット 看板 一輪車
コーン ヘルメット 一輪車

2st Grade

2st Grade

2年女子
2年女子
まず建築と土木は違うものだと知って下さい。

似てるからどっちでもいいなんて思ってると失敗しますよ!土木って何やるのという人も多いと思います。一言でいえば、全く手が入っていない自然のところに一から構造物を造るのが土木です。土地を調べる、災害が起きないように対策をとる、計画をたてる、実際に造る、維持管理をする…、これらは全部土木の範囲です。

この学科は見学会が充実していると思います。まだ専門分野をあまり学んでいない1年生でも参加できるので、教科書では分からないことを体験できる貴重な機会だと思います。ここに来て良かったと思うことは、先生とも先輩とも距離が近いということです。とても居心地が良いです。

メジャー 消しゴム 鉛筆 本 定規
消しゴム 鉛筆 本
2年男子
2年男子

土木について学んでいくと、社会の中で土木がいかに重要な役割を果たしているかが分かります。社会に貢献したい人は、土木を学ぶという選択肢も加えてみて下さい。この学科を志望するきっかけは高三の夏に行ったオープンキャンパスでした。そこで受けた模擬講義の雰囲気が良く、その内容が自分にとって興味があるもので、土木はおもしろそうだなと思ったからです。みなさんも是非オープンキャンパスに参加して、大学の雰囲気や実際の講義がどんな感じなのかを体験してみて下さい。土木への興味がより一層高まると思います。

高校生の時は建築が好きで、大学では建築を専攻したいと思っていました。しかし今、僕はこの横浜国大で土木が好きになり、学んでいてとても楽しいと思えます。その最大の理由は先生方が主催する見学会がたくさんあり、実際にいろいろと現場が見られるからだと思います。「百聞は一見に如かず」で、授業だけでは飽きやすい僕もモチベーションを上げて勉強に取り組めます。

皆さんの中には建築と悩んでいる人もいると思います。そういう人は一人で悩まず、一度大学に来てみるといいでしょう。いろんな人の話を聞くことで建築と土木についての認識も深まるし、必ず役立つ情報が得られます。ぜひ大学に来て下さい。土木も面白い学問ですよ。見学会、また教授や上の先輩との交流が他に比べて活発です。僕は今後実施される海外への見学会をとても楽しみにしています。自分の目で見ることでしか得られないものがこのコースでは大変多く得られると思っています。

「社会に貢献したい人は、土木を学ぶ
という選択肢も加えてみて下さい。」
立ち入り禁止 コーン スコップ 現場見学 ヘルメット
立ち入り禁止 コーン スコップ

3st Grade

3st Grade

3年女子
3年女子

私はもともと建築志望で高校の頃土木という選択肢考えたこともなかった。しかし、土木を知ると、その領域はとても広範で建築に無い可能性を多々感じることができた。例えば土木は道路や橋の設計というのを知っている人は多いと思うが、それだけではなく、未来にむけた環境の研究という領域も持っていることを知っているだろうか。
建築を志望している人は多いと思うが、もし何となく建築という人ならば、勉強できる領域が広く、より自分の可能性を広げられる土木を是非お勧めしたい。

「勉強できる領域が広く、より自分の可能性
を広げられる土木を是非お勧めしたい。」
重機 ロードローラー ユンボ 測定器 重機
重機 ロードローラー ユンボ
3年男子
3年男子

私は実際のところ,第一志望は都市基盤ではありませんでした.最初は浪人したくないからという理由で入学したのですが,入ってみると予想以上に充実した学生生活を送れていると思います.土木の中でも様々な分野があり,その中で必ずやりたいことは見つけられます。

私は、センター試験で大失敗してしまったのですが、なんとか後期で合格することが出来ました。本学科には第二志望制度もあり、受験の最後の最後までチャンスがあります。横浜は、ベイブリッジや山下公園、中華街といった名所も多く、授業でも、これらの内容を取り上げられています。かなり興味が湧きますよ。人の役に立ちたい、生きた足跡を残したい。そんな熱い野望をもった人たち、一緒に勉強していこう!

私は留学生ですが、留学生に対しても、いろいろな面からサポートしています。特に一年ごとに先生たちと留学生の面談があって、交流しやすい環境が作られています。この土木コースの日本人学生も、留学生も、やる気を出して、きちんと計画をたてることができれば、充実した大学生活を送ることができると思います。

「留学生も、充実した大学生活を送ることができる。」
提灯 ベイブリッチ 提灯 中華街 提灯
提灯 中華街 提灯

4st Grade

4st Grade

4年女子
4年女子

4年生になると研究室に配属されますが、私は地盤研究室で断層に関する研究をしています。研究はやりがいがある一方で行き詰ることもありますが、教授と密なコミュニケーションを取ることができ、良い勉強にもなります。規模の大きい実験を行う際には研究所やゼネコンなどと共同で研究を行う場合もあり、私も研究所にお世話になっています。学生としてではありますが、実際の社会に近い技術開発に自分のアイデアが含まれるということにやりがいを感じると共に、自分のキャリアアップにつながると思います。

また現場を見に、国内・海外に行く機会もあります。
私は4月から水環境研究室に所属しています。この研究室では津波などの波浪の災害による危険から人の命を守るための研究や、悪化した港湾の水環境を改善するための研究などが行われています。
土木は社会と密接に関係があり面白い学問です。オススメですよ!

「実際の社会に近い技術開発に参加、
自分のキャリアアップにつながると思います。」
地層 実験 パソコン 飛行機 顕微鏡
実験 パソコン 顕微鏡
4年男子
4年男子

みなさんは土木という分野についてどう思いますか?僕は高校生の時、モノ造りに関しては1に建築2に土木というイメージでした。しかし、本コースで3年間学んだ今では、全くの逆をイメージしています。
土木という分野について勉強すればするほど、モノづくりに対する自分の視野が大きくなり、感心することばかりです。土木について知らない高校生は多いと思います。本学科はそんな学生に、様々な見学会や個性的な授業・実習を通して、土木の素晴らしさを伝えるようにできていると思います。

「モノづくりに対する自分の視野が大きくなり、
感心することばかりです。」
ロードローラー 視野 コーン ユンボ 望遠鏡
ロードローラー 視野 望遠鏡