研究内容

水環境研究室では水に関わる防災,環境,利用に関わる諸課題を扱っています.高潮,高波,津波の現象理解と被災のメカニズムを解明し,災害を軽減させるための研究,都市の水瓶である湖沼の環境保全,都市に隣接する内湾の環境再生に資する現象の理解と技術開発,および砂浜の侵食や港湾での堆砂といった漂砂現象の解明予測と対策に関する研究に取り組んでいます.また,開発途上国における湖沼環境のマネジメントや沿岸環境保全に関する問題にも積極的に取り組んでいます.

icon 水防災研究
icon 水環境研究
icon 数値モデルの開発利用(準備中)
icon 最近の博論・修論・卒論

水防災研究(沿岸域の自然災害から人々の暮らしを守る)

写真 沿岸域は地震による津波や台風来襲時に発生する高潮などの自然災害にさらされています.特に日本の沿岸は台風の常襲地帯のため,高潮に対する備えは常に必要です.この他にも台風や低気圧が日本近海に接近すると高波が海岸に押し寄せ,海岸侵食が起こり,大切な国土が失われていきます.これらの災害に対してはそのメカニズムを力学的に解明するだけではなく,どうやって人々の生命や財産を守り抜くかについての対策を考えることが必要になります.私たちは現地海岸での観測、水理実験室での室内実験,スーパーコンピューターを用いた数値シミュレーションなどの方法を使って,その対策を提案しています.

水環境研究(内湾における水質・生態系動態の解明,予測と環境再生)

写真 かつて内湾は豊かな恵みの海でした.しかし経済発展に伴って富栄養化や化学物質による汚染がすすみ,水質・生態系の劣化が深刻化しています.そして現在は地球環境の時代です.世界のどこで何が起き,私たちにどのような影響を及ぼすのか予測のつかない時代です.だからこそ身近な環境を大切にし,食糧を含めた望ましい地域内の物質循環系を再生していくべきではないでしょうか.私たちは身近な東京湾を対象とし,現地観測やスーパーコンピューターを駆使して環境の再生戦略を練っています.