研究の進め方

山田先生からのADVICE

研究テーマ

思いつきではテーマになりません.最新の研究情勢や社会からの必要性を入念に調べ,研究テーマを選びます.つまり,周辺状況を丹念に理解することから始めます.次のことはきわめて重要です .なぜ,その研究を実施する必要があるのか.既存の研究との関連はどうか(参考文献の整理,研究の位置づけ)何を成果としてアピールするか.何がオリジナリティで売りか.何が新しいのか.成果がどのように役に立つか.後悔しないか.やってみたいことをするのは基本的姿勢です.しかし,上の書いたポイントで整理ができるかをまず見直し,関連雑誌を調べ基礎知識を蓄えましょう.可能ならば,関連研究会に出かけ議論されているトピックスを調べるのも良い方法です.また,よく知っている人に聞く(どこにどのような役に立つ情報があって,どのように利用できるかいつも準備しておくのは研究というより人生の基本)のも良いですよね.<BR>最後に研究内容をよく説明できるようにいつも心がけることは極めて重要です.


研究の進め方

研究を進めていくと,熱心にすればするほど,今していること,困っていることに視野が狭まりがちです.卒業研究や修士研究では難しいとは思いますが,研究ゴールを想定して,今の自分の進捗状況はいかほどなのかが分かれば効率的に作業ができます.一枚の紙に,研究のフレームができて,うまく説明できれば効率的です.<br> 研究ノートの記録は十分にしましょう.将来,もし特許とか知財(知的財産権)に関わる仕事をするととになったら必須の作業です.今やっている研究も知財に関わる仕事ですから,記録は偽りなくつけましょう.成果の整理に実によく役にたちます.ところで,大学で配布する知財ノートは雑記帳ではありません.大事に使ってください.


論文の書き方

論文を書くときに,自由に書いて良いわけではありません.そこが,エッセイや小説とは違うところで,学術論文として必ず守るべき書き方があります.論文だから,論点を整理し,根拠を駆使し,自分の考えを広く伝える事が目的です.したがって,叙情的な表現は不適当で,研究の発想を確たるものにする参考論文,客観的な資料,根拠に基づく説明は必須です.

  • ご本人の同意がある場合
  • 警察からの要請など、官公署からの要請の場合
  • 法律の適用を受ける場合

研究内容の公開

論文ですから,成果は世に問うべきです.特に国立大学で国民の税金を沢山使ってした研究の成果を世に問うのは諸君の義務です.卒業式が目の前になって,限られた学生生活を違った文化に触れ「卒業旅行」で過ごしたい気持ちは理解できるけれども,貴君の大きな勢力を注ぎ込んだ成果を学会に残すことだって「大切な青春時代を生きた大きな証」と思いませんか?次のような公表機会が目の前にあります

口頭発表はお手軽だけど,十分ではない

>土木学会年次学術講演会,締め切りは3月末から4月初め
>風工学会研究発表会 公募論文は隔年
>鋼構造協会年次発表会

査読付き論文集,シンポジウムへの投稿

>土木学会論文集,随時
>構造工学論文集,締め切りは9月
>風工学シンポジウム,隔年で締め切りは6月頃かな
>風工学論文集,随時
>応用力学シンポジウム
>鋼構造協会論文集

英文で査読付き論文集,シンポジウムへの投稿

>ASCE論文集,随時
>IABSE会誌,随時
>Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics,随時
>WCEE, IIW, EASEC, WCSCM...
>ICWE, APCWE, BBAA, CWE.